江東区大島 東大島駅 自然療法院「ろか整骨院・ろか鍼灸院」

menu

ろか整骨院・ろか鍼灸院

CSFプラクティスについてNO.2

Pocket

こんにちは。院長の鈴木です。

今日は、CSFプラクティスで調整する脳脊髄液の流れが

悪くなったとき、体にどんな変化が現れるかを書いていきたいと思います。

【 脳脊髄液の流れがわるくなったときの指標 】

1.頭が大きく硬くなります。 

  (脳脊髄液が脳室内にうっ滞する為)

2.息が吸いずらく、吐きにくくなります。 

  (胸周りが小さくしぼみ、硬くなります。)

3.力が入りずらくなります。

4.わき腹のたるみ、ほほの弛みなど、全身がたるみます。

5.姿勢が崩れます。

    ( 目の左右の高さの違い 、 ほほの左右の高さの違い 、 

     耳の左右の高さの違い 、 肩の左右の高さの違い 、 

     骨盤の左右の高さの違い 、 膝のお皿の左右の高さの違い 、 後方重心=踵重心等 )

 

【 脳脊髄液の流れが良くなった時の指標 】

1.頭が小さく軟らかくなります。

2.息が吸いやすく、吐きやすくなります。

 (胸周りが大きく膨らみ、軟らかくなります。)

3.力が入りやすくなります。

4.全身がしまります。

5.姿勢がよくなります。

    ( 目、ほほ、耳、肩、骨盤、膝の左右のバランスが揃います。  前方重心=つま先重心 )

流れが悪いと、神経そのものの元気が無くなり、血液の流れも悪くなり、その影響で姿勢も崩れちゃうんですね。

お顔もむくんじゃいますので、美容にも関係してしまいます。あんぱんまん

(上手くコントロール出来れば小顔も夢じゃない♪)

CSFプラクティスで、健康になりながら引き締まった体を目指しましょう。

関連記事

診療時間のご案内

午前
午後

診察受付時間

平日 午前 9:00~12:30
午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:45~13:30
休診日:日曜日・祝祭日

住所・電話

東京都江東区大島8-39-22
イトーピア東大島マンション131

ろか整骨院電話番号

Google Map

キッズルームのある整骨院 ろか整骨院コラム ご来院中の患者さんへのお知らせ ろか整骨院の名前の由来

facebook

Twitter