江東区大島 東大島駅 自然療法院「ろか整骨院・ろか鍼灸院」

menu

ろか整骨院・ろか鍼灸院

体温上昇防ぐ仕組み解明 暑いと感じる経路とは別

Pocket

体温上昇防ぐ仕組み解明 暑いと感じる経路とは別

2010年4月27日   提供:共同通信社

 気温が上がっても体温の上昇を防ぎ、暑さから身を守るため、脳で働く特定の神経経路を京都大の中村和弘(なかむら・かずひろ)特定助教(神経科学)のチームがラットの実験で解明し、26日付の米科学アカデミー紀要電子版に発表した

 人やラットなどの恒温動物は、皮膚の血管を広げ、体の表面の血流を増やして熱を放出し、体温を下げる。これまで、皮膚が温まると、脊髄(せきずい)から大脳皮質を通じて「暑い」と感じることは分かっていたが、この経路を壊しても体温は調節されるため、調節をつかさどる別の経路があるとみられていた

 チームは、皮膚を温めると活発に働く神経細胞に注目し、ラットの周りの温度を24度から36度に上げて実験

 皮膚で感知された温度情報が、脊髄を経て脳の結合腕傍核(けつごうわんぼうかく)という部位に伝わり、そこに密集する神経細胞が活発化することを確認さらに、情報は脳の体温調節中枢に伝わり、足の裏などから放熱することが分かったこの伝達経路を遮断すると放熱しなかった
 中村特定助教は「熱中症など、体温の維持機能が働かなくなる病気の治療に役立つかもしれないとしている。

 なかなか体温調整のメカニズムは明確化されていなかった事が多いですよね上手く利用すれば『冷え性』の根治療法も可能かも知れませんね

関連記事

診療時間のご案内

午前
午後

診察受付時間

平日 午前 9:00~12:30
午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:45~13:30
休診日:日曜日・祝祭日

住所・電話

東京都江東区大島8-39-22
イトーピア東大島マンション131

ろか整骨院電話番号

Google Map

キッズルームのある整骨院 ろか整骨院コラム ご来院中の患者さんへのお知らせ ろか整骨院の名前の由来

facebook

Twitter