江東区大島 東大島駅 自然療法院「ろか整骨院・ろか鍼灸院」

menu

ろか整骨院・ろか鍼灸院

夏バテになる仕組みと熱中症予防

Pocket

夏バテになる仕組みと熱中症予防

連日の日本列島全域で猛暑続いていますよね

こうなると増えて来るのが熱中症、夏バテ

熱中症については先日、こちらで記事を書きましたので今回は夏バテに関して書いてみたいと思います

 img_20060503T043722109

夏バテ(夏ばて)って何で起きるのでしょうか?

人間の体は、日本の夏のように高温・多湿な状態におかれると、体温を一定に保とうとして、必要以上のエネルギーを消費し、かなりの負担を強いられます。

 

 

夏バテには様々な原因が絡み合っているのですが、、

 

  • 自律神経の不調
  • 水分不足
  • 胃腸の働きの悪化

の3つが大きな原因といわれています。
特に自律神経の不調は全てに絡む大きな要因になりますmark_28

自律神経の失調

『エアコンでの温度設定は室温と外気の温度差を5度以内にし、適度の水分補給を心がけることが必要』と言われますが本当にそうでしょうか

以前は今ほど気温も上がっていなかったので『出来るだけエアコンの設定温度は控え目に』と言っていても差し障りありませんでした

が、最近は如何でしょう

実際に報道などで熱中症で倒れられている方の多くが『エアコン使わない・使いたくない』『設定温度は28℃以上』の方ばかり。

対処法を変える必要がありますmark_28

自律神経乱す原因=脳の疲労≒睡眠障害

快適な睡眠が必要ですmark_28

(快適な睡眠を摂る為の方法は先日『夏の快適な睡眠を摂るには・・・』を?と?で紹介しました)

水分不足 

一日の必要な水分量ってご存知ですか


身体から失われる水分の代表例


尿     :   男性 約1,500m?、 女性 約1,200m?

        (500~2,000mlの変動はあり)

汗     : 暑い時期は1~1.5?/時間になる事もあり
不感蒸泄 : 650~1,150m?

 
※無意識に失われる水分(皮膚表面・気道など)

意外と多いですよね

単純に計算して・・・この時期必要な水分摂取量は2?以上

意識的に水分摂取心がけましょう20060331015903

胃腸の働きの悪化

?暑さにより体表(皮膚近辺)に熱がこもり、各内臓への血流が悪化mark_28

?前述した自律神経の失調により内臓そのものの機能低下mark_28

?の対処法は水分摂取・食事の際に冷たい物kakigori01、炭酸飲料drink03、アルコール等はなるべく避け温かいものを摂る様にしましょう

?の対処法:前述した様に睡眠の質を上げましょう 

img_20060503T043728937

img_20060503T043730375

このように自律神経の失調と胃腸の働きの低下がどんどんお互いを悪化させていく関係に陥ってしまいます。

これが夏バテがひどくなる原因ともいえます。

 

関連記事

診療時間のご案内

午前
午後

診察受付時間

平日 午前 9:00~12:30
午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:45~13:30
休診日:日曜日・祝祭日

住所・電話

東京都江東区大島8-39-22
イトーピア東大島マンション131

ろか整骨院電話番号

Google Map

キッズルームのある整骨院 ろか整骨院コラム ご来院中の患者さんへのお知らせ ろか整骨院の名前の由来

facebook

Twitter