銀杏(ぎんなん) | ろか整骨院・ろか鍼灸院

江東区大島 東大島駅 自然療法院「ろか整骨院・ろか鍼灸院」

menu

ろか整骨院・ろか鍼灸院

Pocket

先日、患者さんから【銀杏(ぎんなん)】の実を頂きました

銀杏には身体に良い色んな成分が含まれています
でも、食べ方には注意も必要

そこで今日は銀杏に関して書いてみます

◆腎臓に働きかけて排泄をコントロールし、頻尿を治す
ギンナンは、いうまでもなくイチョウの木になる実で、その主成分は糖質です。コステロールを減らすリン脂質のレシチンを含んでいます。タンパク質は多く、しかも良質であるため、強壮・強精効果が大きいのが特徴です。
ビタミン類ではビタミンA(β-カロテン)、ビタミンC、ビタミンB1が多く、少量ですがエルゴステリンというビタミンD前駆体も含まれています。また、カリウムも豊富です。

◆すぐれた滋養強壮作用があり、婦人病、メニエール病にも有効
ギンナンは、体の衰えを感じたときや、はげしく肉体を消耗したとき、呼吸が苦しくなったり、排尿のコントロールが狂ったときなどに効力を発揮します。また、気管支ゼンソク、長引くカゼ、精力減退、メニエール病(めまい、吐きけ、頭痛)などにも有効です。

◆中国では結婚式の日に新郎新婦がギンナンを食べる
中国では結婚式の日に新郎新婦がギンナンを食べる習慣があります。これはイチョウの持つ生命力にあやかり、子孫を授かりたいという願い(強精作用)が込められています。その一方で、ギンナンを食べると長時間排尿をがまんできる(縮尿作用)ので、結婚式の間にあまりトイレに立たなくてもすむという理由もあるようです。
日本でも夜尿症の小児に、焼いたギンナンを食べさせる療法が、昔から行われてきました。これは非常に理にかなった生活の知恵といえます。なぜなら、ギンナンには、腎臓に働きかけて強精効果を発揮したり、尿の排泄をコントロールして頻尿を治す作用があるからです。ただし、ギンナンは食べすぎると中毒を起こすことがあります。小児の場合は、1日に8~10粒を超えないように注意しましょう

◆ギンナン中毒
銀杏は日本や中国では古くから薬や食材として利用されています。でも、昔から銀杏を食べ過ぎてはいけないと言われてきています。

子供が銀杏を大量に食べると突然、嘔吐やケイレンを繰り返し、意識障害を起こすことが知られています。
稀に死亡例も報告されているので注意が必要です。中毒成分は銀杏の中の4-メトキシピリドキシンという物質であることが分かってきています。この中毒成分が腸と肝臓の間を循環して、ケイレンを繰り返します。したがって、子供が銀杏中毒を起こしたら、出来るだけ早く病院に行って、銀杏を食べたことを医師に告げましょう。

関連記事

診療時間のご案内

午前
午後

診察受付時間

平日 午前 9:00~12:30
午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:45~13:30
休診日:日曜日・祝祭日

住所・電話

東京都江東区大島8-39-22
イトーピア東大島マンション131

ろか整骨院電話番号

Google Map

キッズルームのある整骨院 ろか整骨院コラム ご来院中の患者さんへのお知らせ ろか整骨院の名前の由来

facebook

Twitter