江東区大島 東大島駅 自然療法院「ろか整骨院・ろか鍼灸院」

menu

ろか整骨院・ろか鍼灸院

Pocket

栃木の郷土料理『しもつかれ』ってご存知ですか??

昨日、私、院長鈴木の実家から送られて来ましたのでちょっとご紹介

しもつかれしもつかれ・スーパー販売

しもつかれとは、鮭の頭と野菜の切り屑などを大根おろしと混ぜ酒粕で煮込んだもので、栃木県、群馬県、茨城県など北関東地方に伝わる伝統の郷土料理。「しみつかり」「しみつかれ」「すみつかれ」などとも呼ばれる。
栃木では初午の日(旧暦2月)の「初午」の日に、各家庭で作って赤飯と共に稲荷神社に供え、家中鬼おろしの無病息災を祈ってからこれを食べる行事食の風習が鎌倉初期から伝えられている。
新巻鮭の頭、節分に撒いた残りの大豆を煎ったもの、目の粗いおろし器(鬼おろし)で粗くすり下ろした大根、人参、その他の余り物を細切れにした具材を、酒粕と共に厚手の鍋で煮込む。地域によっては油揚げを入れることもある。調味料は一切用いず、鮭や酒粕の量で味を整えるのが一般的だが、しょう油などで味付けする場合もある。
しもつかれ・作り方

地域によってさまざまな食べ方があり、温めて食べたり冷まして食べる事もある。また、そのまま食べたり、ご飯にかけて食べる事もある。更に一度煮あがったしもつかれには再度温めなおすなどせず土間など涼しい場所で保管し、表面が凍ったものを温かいご飯と一緒に食べるのが最もおいしい食べ方とされている地域もある。
しもつかれの発祥は諸説あるが、「宇治拾遺物語」「古事談」などの説話にも記述されている「酢むつかり」を起源とする説が有力。大豆の表面のしわが、赤ん坊のむつかる顔に似ているので、『すむつかり(酢憤)』といったという説、子供たちが酢でむつかる(憤る)ことから、『すむつかり(酢憤)』といったという説、下野国(栃木県)の祝いの料理の下野嘉例(しもつかれい)が訛って『しもつかれ』になった、という説などあり、定かではない。

2007年、農林水産省により農山漁村の郷土料理百選に、栃木県の郷土料理として「ちたけそば」と共に選ばれている。

関連記事

診療時間のご案内

午前
午後

診察受付時間

平日 午前 9:00~12:30
午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:45~13:30
休診日:日曜日・祝祭日

住所・電話

東京都江東区大島8-39-22
イトーピア東大島マンション131

ろか整骨院電話番号

Google Map

キッズルームのある整骨院 ろか整骨院コラム ご来院中の患者さんへのお知らせ ろか整骨院の名前の由来

facebook

Twitter