江東区大島 東大島駅 自然療法院「ろか整骨院・ろか鍼灸院」

menu

ろか整骨院・ろか鍼灸院

「抱っこ」で体が安定する感覚を覚え、 「寝返り」で脳との神経回路が増えていく。

Pocket

lgf01a201312032200
私たちが運動をするとき、よく「コア」とか「インナーマッスル」といういい方をしますが、これは赤ちゃんのときに、まず鍛えておかなくてはいけないものです。赤ちゃんが体をつくっていくプロセスというのは、実は、運動の基礎を作るプロセスでもあるんです。

生まれたての赤ちゃんは、もにょもにょ動いているだけですが、そこから最初に何をするかというと、しがみつく。腕と足はまだ使えませんから、体全体で親にしがみついてきます。しがみつくことで、自分の体の中心、コアが安定する感覚を学んでいくのです。

ですから、この時期はいっぱい、抱っこしてあげてください。たくさん抱っこしてスキンシップすることで、赤ちゃんは体の中心が定まっていき、心も安定するのです。

しがみつく感覚を養うことは、ゆくゆく体全体を使ったなめらかな動きにつながります。体操や踊りなどで、表現力があるとか、ないとかいいますが、まさにこの表現力に必要な感覚でもあります。

赤ちゃんは、次に肩の関節が発達して、自分の手で体を支え起こすという動きができるようになります。そして股関節が発達してくると、体の方向を転換する、「転がる」という動作が出てきます。寝返りですね。

赤ちゃんは、ごろんと転がりながら、自分の体がいったいどっちを向いているのか、を学んでいます。初めて寝返りをした赤ちゃんが、目を丸くしてキョトンとしたり、寝返りをしてはいかにも楽しそうに笑ったり……。

転がる前の景色と、転がりながら見ている景色と、転がり終わったときに見える景色、みんな違います。転がることで、自分と空間との位置関係がわかるようになる。それによって脳とつながる神経回路も、次々とできあがり、数を増やしていくのです。

この位置関係が体でわかっていないと、スポーツはできません。

たとえば野球の場合、飛んでいくボールをいちいち見て走ってはいられません。ボールを瞬時に見て、落下地点を予測して走り、キャッチする。投げるときも、味方が走りこんでくるだろうという場所を予測して投げます。こうした動きは、今、自分の体がどこを向いているか、空間のどの位置にあるのか、を感覚として身につけていないとできないのです。

関連記事

診療時間のご案内

午前
午後

診察受付時間

平日 午前 9:00~12:30
午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:45~13:30
休診日:日曜日・祝祭日

住所・電話

東京都江東区大島8-39-22
イトーピア東大島マンション131

ろか整骨院電話番号

Google Map

キッズルームのある整骨院 ろか整骨院コラム ご来院中の患者さんへのお知らせ ろか整骨院の名前の由来

facebook

Twitter