江東区大島 東大島駅 自然療法院「ろか整骨院・ろか鍼灸院」

menu

ろか整骨院・ろか鍼灸院

しがみつく+転がる=はいはい 全身を使った動きで、神経回路がつくられていく。

Pocket

lgf01a201407122000
さて、寝返りをした赤ちゃんは、次に「はいはい」をはじめます。これは、「しがみつく」と「転がる」を組み合わせた動きです。大地にしがみつき、寝返りをするときに使う体幹の動きで、はいはいになるのです。

大人がはいはいをマネると、背中が固まっているので手足の小手先だけの動きになってしまいますが、赤ちゃんは上半身と下半身をねじって、もう必死になって体全体を使います。おむつをしたお尻がモコモコ動いて、肩がいっぱい動く。見ていて本当にかわいい動きですが、このはいはいをすることで、肩甲骨と肋骨の関係性が出来てくる。そして筋肉を骨に結合する腱部も熟成されていきます。

赤ちゃんは、ほかにもまだまだいろいろな動きをしています。仰向けになりながら足をキックしてみたり、足を持って口の中に入れようとしてみたり…。起きている間中、じっとしていることがありません。赤ちゃんは、いろいろなことをしながら体の動きを学んでいるのです。

そうした動きが脳に刺激となって伝わり、たくさんの神経回路を作ります。動くことで赤ちゃんは運動能力を養っているのです。ですから、危ないからといって、赤ちゃんの動きを制約してはいけません。安全なスペースを作って、赤ちゃんがしたいだけ転がり、好きなようにはいはいできる工夫をしてあげてください。

関連記事

診療時間のご案内

午前
午後

診察受付時間

平日 午前 9:00~12:30
午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:45~13:30
休診日:日曜日・祝祭日

住所・電話

東京都江東区大島8-39-22
イトーピア東大島マンション131

ろか整骨院電話番号

Google Map

キッズルームのある整骨院 ろか整骨院コラム ご来院中の患者さんへのお知らせ ろか整骨院の名前の由来

facebook

Twitter