江東区大島 東大島駅 自然療法院「ろか整骨院・ろか鍼灸院」

menu

ろか整骨院・ろか鍼灸院

赤ちゃんのタイプを感じて、 抱っこ上手になる。

Pocket

36245116
抱っこしても、赤ちゃんがどうもしっくりきてないみたい。自分が抱くより、親や病院の助産師さんが抱くほうが気持ちよさそう……。そんな経験はありませんか? それは、もしかしたら、赤ちゃんの体の個性に合ってない抱き方をしているからかもしれません。

私は、さまざまなスポーツを体験し、指導し、整体などで体のことを学ぶうちに、人間は重心の位置によって、「4つのタイプに分かれる」ことを発見しました。簡単にいうと、自然に立ったときに重心がどこにあるのか、で違うのです。重心がつま先にあるのか、かかとなのか。さらにそれらの外側なのか、内側なのか、という4タイプです。それは、右利きや左利きがあるように、生まれ持ったタイプ、個性なのです。

ですから、タイプを無視して、「こう動かすべき」「このやり方が正しい」と押し付けても、能力は伸びません。しかし、タイプに合ったトレーニングをすれば、見違えるほど記録が伸びたり、できなかった動きがスムーズにできるようになります。

生まれつきですから、赤ちゃんも4タイプに分けられます。抱っこされたときに、もともとの体の重心が安定すれば心地いいし、逆に重心が不安定な抱かれ方をすると、居心地が悪い、ぐずぐずする、そっくり返って抱かれまいとする、というわけです。
「骨盤と首の付け根が安定すると体がラク」な赤ちゃんは、タテ抱っこでご機嫌になりますし、「お尻と太ももあたりが安定するとラク」な赤ちゃんは、少し横にして抱っこされるのを好みます。少し大きくなると「たかいたかい」をしますが、脇のすぐ下を持たれた方が心地いい子と、胴体全体を持たれたほうが心地いい子がいる。タイプで違うのです。

ですから、すべての赤ちゃんに合う抱っこの仕方というのはないんです。抱っこがうまい人、あやすのがうまい人というのは、抱っこしながら、「この子はこういう子だな」「こうすると安定するんだな」となんとなくわかって、その子に合った抱き方をしているんです。
教科書だけが正しいと思っていると「子どもはタテで抱く」、「ヨコで抱く」と決め付けてしまう。でも、それだと絶対に合わない子が出てきてしまうのです。

親は、この子をあやすために、どうしたらいいのか、どういう抱っこならご機嫌なのかを探ろうとする。そしてだんだん肌でわかっていく――。僕はそれが、コミュニケーションだと思っています。
抱っこする側にも、もちろんタイプがあるので、自分のタイプがわかっていれば、抱っこで腰が痛い、ということもなくなってきます。

関連記事

診療時間のご案内

午前
午後

診察受付時間

平日 午前 9:00~12:30
午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:45~13:30
休診日:日曜日・祝祭日

住所・電話

東京都江東区大島8-39-22
イトーピア東大島マンション131

ろか整骨院電話番号

Google Map

キッズルームのある整骨院 ろか整骨院コラム ご来院中の患者さんへのお知らせ ろか整骨院の名前の由来

facebook

Twitter