江東区大島 東大島駅 自然療法院「ろか整骨院・ろか鍼灸院」

menu

ろか整骨院・ろか鍼灸院

【レバーやうなぎの食べ過ぎには注意、股関節での骨折が増える】

Pocket

gatag-00001165

~同じビタミンAでもレチノールが問題に、ベータカロチンならば大丈夫~

 ビタミンAの取りすぎで骨折しやすくなるようだ。一口にビタミンAといっても、レチノール、ベータカロテンなどがあるが、肉類や魚類から取れるレチノールが問題だ。

 中国の温州医学院付属第二病院のアンナ・ウー氏らの研究グループが、骨の医学についての国際誌ジャーナル・オブ・ボーン・アンド・ミネラル・リサーチ誌2014年9月号で報告している。

少なくても問題に
 ビタミンA、およびその体内で機能する形である血中レチノールと骨折リスクの関係はよく分かっていなかった。

 研究グループは今回、国際的な文献から信頼度の高いものを抽出して検証した。

 この結果、ビタミンAとレチノールの取り過ぎで、太ももの骨の股関節の部分の末端が折れやすくなると分かった。「大腿骨頸部(だいたいこつけいぶ)骨折」と呼ばれる骨折で、寝たきりの原因にもなる問題の骨折だ。

 血中でレチノールに変わるベータカロテンを取っても、その骨折リスクは高くならなかった。

 レチノールの血中の濃度は、多過ぎても少な過ぎても股関節骨折のリスクを高めると分かった。

 全般的な骨折リスクとは関係はなかった。

 股関節の骨折のリスクにとって両刃の剣であるわけだ。

 研究グループは、例えば肉から摂取後にそのまま吸収されるレチノールを取るよりも、血中でレチノールに変わるベータカロテンを取る方がよいと指摘する。同じビタミンAでも、ウシやブタなどの肉類のレバー、うなぎなどにはレチノールが多く含まれ、緑黄色野菜にはベータカロテンが多く含まれており、形が異なっている。

 同じビタミンAでも、レバーやうなぎなどの食べすぎには注意した方がよいのかもしれない。

文献情報 
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24700407

関連記事

診療時間のご案内

午前
午後

診察受付時間

平日 午前 9:00~12:30
午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:45~13:30
休診日:日曜日・祝祭日

住所・電話

東京都江東区大島8-39-22
イトーピア東大島マンション131

ろか整骨院電話番号

Google Map

キッズルームのある整骨院 ろか整骨院コラム ご来院中の患者さんへのお知らせ ろか整骨院の名前の由来

facebook

Twitter