江東区大島 東大島駅 自然療法院「ろか整骨院・ろか鍼灸院」

menu

ろか整骨院・ろか鍼灸院

Pocket

【スポーツ傷害】(一般的な考え方)

%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84%e9%9a%9c%e5%ae%b3

スポーツ障害とスポーツ外傷

スポーツ傷害とは、スポーツによる運動器の外傷(スポーツ外傷)とスポーツを続けることで起きる身体の障害 (スポーツ障害)の総称です。

スポーツ外傷: 1回の強い力で起るケガです。
運動中に他のプレーヤーとぶつかったり、勢いよく転んだり捻る、ボールが強く当たるといった原因がはっきりしている、偶発的な強い外力によって起るけがです。からだに働く力が大きく、けがの重症度も高くなりがちです。
けがの原因の背後に身体的な特徴や運動のくせなど身体的問題が無く、ケガの治癒が確実に得られ、後遺障害が少なく、筋力や可動域の回復が十分に得られれば、競技復帰も可能となることが多いです。

スポーツ障害:使いすぎ (オーバーユース)などで起る慢性の障害です。
一般的には比較的弱い力が運動器の同一部位に繰り返し加えられることによって起ります。 身体が少しずつダメージを受けて。疲労から過労になり、さらに病気(病的疲労)になった状態です。原因としては、下のようなことが考えられます。

スポーツ障害の主な原因

用具:靴などの用具が悪いとき。
環境:コートや路面などのスポーツ環境が悪いとき。
コンディショニング:身体の手入れが悪いとき。
テクニック:身体の使い方が悪いとき。
身体の構造的な異常:もともとの骨の並び方(アライメントという)等が悪いとき。
練習内容:練習量が多いときや、練習内容が悪いとき。

症状としては、ほとんど痛みです

スポーツ障害の代表的なものをあげると以下の通りです。

%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84%e9%9a%9c%e5%ae%b3%e2%91%a1

○野球ひじ
投球時や投球後、ひじ関節に疼痛が生じます。ボールを投げる動作では、ひじの曲げ伸ばしだけでなく、ひねりの動作も加わるため、強い負担がかかってしまいます。とくに成長期では、関節軟骨や筋肉、骨が未発達で弱いため障害が起こりやすくなります。
○テニスひじ
腕の使い過ぎで、ひじの外側の骨に付着している腱に炎症が生じます。とくに中高年になると、加齢によって腱が変性し、弱くなってくるため障害が起こりやすくなります。
○膝蓋軟骨軟化症(しつがいなんこつなんかしょう)
膝蓋骨(ひざのお皿)の関節軟骨面が軟化、変形します。膝蓋骨に過度な負担がかかることが原因です。
○腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)
太ももの外側を広くおおっている腸脛靭帯と大腿骨がこすれて炎症が起こります。ランニングのし過ぎなどが原因です。
○鵞足炎(がそくえん)
太ももの後ろにある筋肉の一部がひざの内側に集まって脛骨とつながっている部分「鵞足」に炎症が起こります。ひざの曲げ伸ばしをくり返すことが原因。陸上競技やサッカーなどをする人に多くみられます。
○膝蓋靭帯炎(しつがいじんたいえん)
別名「ジャンパーひざ」のことです。ジャンプによる衝撃で、膝蓋骨の下部と、その真下にある膝蓋靭帯が炎症を起こします。バスケットボールやバレーボールなどをする人に多くみられます。
スポーツ障害は「使い過ぎ」が原因です。日ごろから過度な運動は避け、ほどほどを心がけるようにしましょう。
体調が良好であっても,強度のトレーニング後に48時間以上の回復期をとらないと使いすぎることになります。 筋肉は緊張するたびに線維の一部が傷つき,一部はグリコーゲンを消費します。損傷していない線維またはグリコーゲンを十分に消費した線維のみが適切に機能するので,活発に運動をすると少なくなった線維で同一の運動量を要求され,損傷の可能性が増加することとなります。線維が回復するには48時間以上かかりますし,グリコーゲンが補充されるにはそれ以上の時間がかかります。運動を毎日行う場合は体の異なるな部分にストレスをかけるべきですし、かけるとしても軽い運動とすべきです。

%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84%e9%9a%9c%e5%ae%b3%e2%91%a2

外傷・障害の予防対策
ストレッチング
普段からでもできる予防法としては、ストレッチングがあります。ストレッチングは柔軟体操の一種で、柔軟性を高めることによって筋・腱・靭帯などの傷害の発生を少なくし、加えて筋力の効率の良い働きを促進します。さらに筋肉の緊張を和らげ、リラックスさせる効果があります。ストレッチ体操を行う時、注意として筋肉を意識しながらゆっくり気持ちよくできる範囲で行ってください。(反動をつけたり、急激に伸ばしたりすると筋肉を痛めことが多い)
マッサージ
疲労して硬くなった筋肉や腱はケガの一因になります。マッサージは血行を良くし筋肉の疲労除去に効果がありますので効果的なマッサージを覚えておくと便利です。
運動前後のウォームアップ・クールダウン
急に激しい運動を行うことが外傷を引き起こす原因になります。したがって運動の度合いに関わらず常にウォーミングアップを行うように心がけましょう。筋肉や腱などをしっかり暖め(準備体操の前には、風呂や温水シャワーなどで少し汗が出るくらいに身体を温めるとよい)、柔軟性を持たせることで外傷も少なくなります。またクールダウンは翌日に疲れを残さないために必要で、前日の疲労を残したままスポーツを行う習慣をつけてしまうと、疲労に対して鈍感になってしまい、足や身体の疲労を感じることが出来なくなってしまいます。その結果足の疲労がピークになった時外傷が起こってしまうのです(運動を終えたら、負担をかけた関節や筋肉を十分に冷やす)。
十分な休息
スポーツ障害の原因の1つとして、小さな無理の積み重ねが、徐々に関節や筋肉を痛めている場合があります。
適切なレベル設定
自分の体力に合った運動種目・強度設定などを行うことが必要です。健康診断や体力テストの結果をもとに自分に合ったメニューを専門家(トレーナー)に組んでもらうのが最も有効と言えるでしょう。
姿勢を正しく
姿勢を崩すことがケガに繋がりやすくさせます。アライメント(姿勢)についてよく理解し正しい姿勢を習慣づけることがもっとも大切と言えます。
定期的なヘルスチェック
体力測定やメディカルチェックを定期的に行い自分の身体の状態を把握しておくことが重要です。

外傷発生時の応急処置

運動中のケガに対する応急処置として、次の 6つの方法があります。各項目の 頭文字を取って「PRICES(プライシス)」と呼びます。これはスポーツ外傷の応急処置 の基本です。

応急処置

関連記事

診療時間のご案内

午前
午後

診察受付時間

平日 午前 9:00~12:30
午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:45~13:30
休診日:日曜日・祝祭日

住所・電話

東京都江東区大島8-39-22
イトーピア東大島マンション131

ろか整骨院電話番号

Google Map

キッズルームのある整骨院 ろか整骨院コラム ご来院中の患者さんへのお知らせ ろか整骨院の名前の由来

facebook

Twitter