江東区大島 東大島駅 自然療法院「ろか整骨院・ろか鍼灸院」

menu

ろか整骨院・ろか鍼灸院

【ベジタリアンは早産リスクに】

Pocket

植物性食品しか摂らないベジタリアンや、社会経済状況により動物性食品の摂取量が極端に不足すると、ビタミンB12の欠乏につながる。このことは、早産のリスク増加に関連するという。ノルウェー科学技術大学などの研究。

【新生児死因の半数】
世界的に見て、低出生体重と早産は乳児の生後28日以内の死亡原因の半数を占めている。そのため、妊婦の食事は胎児と妊娠にとって極めて重要だ。研究の筆頭著者のログン医師は次のように話している。
「ビタミンB12は、肉や牛乳、卵などといった動物性食品のみに含まれる重要な栄養成分です。動物性食品が極端に少ない食生活を送る妊婦は、ビタミンB12欠乏症のリスクが増大します」

ビタミンB12は、赤血球や細胞代謝エネルギーの産生といった生体機能のため、なくてはならないものだ。不足すると、貧血になったり、神経系に重篤なダメージを起こすことがある。人間の体はビタミンB12を産生することができないので、食事などから摂取する必要がある。なお、多くの西欧諸国では、動物性食品の摂取量が多い傾向があるため、ビタミンB12欠乏症に陥る妊婦はほとんどいない。

【絶対菜食主義者は注意】
ベジタリアンの多い国、たとえばインドでは、ビタミンB12欠乏症の妊婦は3分の2以上だという。

【どんな国でも同じ結果に】
今回の研究では、妊娠とビタミンB12レベルに関する研究例を集めて詳細に分析した。すると、妊婦における血中ビタミンB12のレベルと出生体重との関に線形関係はみられなかったものの、欠乏状態であれば低出生体重のリスクが増加することがわかった。また、妊婦のビタミンB12欠乏症は早産リスクを21%高めることがわかったという。そしてこの結果は、その国の平均的収入の高低には関係がないことも明らかになった。

【他の要因は?】
血中ビタミンB12濃度の低さは、他の因子(栄養失調や貧困など)に関連しているとも考えられる。このことが出生体重や妊娠期間の長さに影響している可能性があるという。しかし、ビタミンB12サプリメントを妊婦が服用した場合の効果については、ほとんどわかっていない。研究者が把握する限りでは、小規模の研究が2例あるのみで、信頼のおけるデータを得るに至っていないものだという。

【絶対菜食主義者はビタミンB12を補給しないと欠乏症に】
ベジタリアンとビタミンB12の摂取について考えるとき、絶対菜食主義者とその他のベジタリアンを区別することが重要、と共著者のヴィデム教授は話す。

「絶対菜食主義者は、動物由来の食品はいっさい口にしません。そのため、年齢・性別・妊娠の有無にかかわらず、サプリメントを摂取しない限りビタミンB12不足に陥ります。しかし、ベジタリアンであっても卵や乳製品を食べる人にはビタミンB12欠乏症はあまり起こりません。これらの食品には、推奨量を容易に満たす量のビタミンB12が含まれているからです」

【絶対菜食主義者のビタミンB12不足は既知の問題】
ベジタリアンに関係した専門職にとって、ビタミンB12の重要性は周知の事実であり、絶対菜食主義者に対してビタミンB12の知識を広める必要があると考えているという。そのために、ビタミンB12の強化食品や、ビタミン剤の摂取をアドバイスしているとのこと。

出典は『米国疫学雑誌』。

関連記事

診療時間のご案内

午前
午後

診察受付時間

平日 午前 9:00~12:30
午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:45~13:30
休診日:日曜日・祝祭日

住所・電話

東京都江東区大島8-39-22
イトーピア東大島マンション131

ろか整骨院電話番号

Google Map

キッズルームのある整骨院 ろか整骨院コラム ご来院中の患者さんへのお知らせ ろか整骨院の名前の由来

facebook

Twitter