江東区大島 東大島駅 自然療法院「ろか整骨院・ろか鍼灸院」

menu

ろか整骨院・ろか鍼灸院

喘息のある人は慢性片頭痛になりやすい

Pocket

喘息患者が慢性片頭痛を発症する可能性は、呼吸障害のない人の2倍以上であることがわかった。米シンシナティ大学内科教授のVincent Martin氏らの研究で示唆され、論文は「Headache」オンライン版に11月19日掲載された。

米国では、約12%の人が片頭痛を経験しており、約1%には慢性片頭痛がある。今回の研究は、片頭痛を経験したことのある米国人約4,500人を対象とした。対象のうち17%は喘息を有していた。

2008年の研究開始時、対象者の片頭痛の発現頻度は月15回未満だった。1年後に慢性片頭痛(月15回以上の片頭痛の発現)をもつ患者の割合を検討したところ、喘息患者では5%以上が慢性片頭痛を発症していたが、喘息がない人では2.5%のみだった。

Martin氏によれば、喘息患者が片頭痛を時折感じている場合、その頭痛は慢性片頭痛に進行する可能性が高いという。ただし、今回の研究は喘息と慢性片頭痛の関係を明らかにしたが、因果関係を証明するデザインではなかった。

Martin氏は、「それでも、喘息と慢性片頭痛の関連性は強固であり、喘息は抑うつよりも慢性片頭痛を強く予測する因子だ。時折片頭痛がある人に早期に予防薬を処方することは、慢性片頭痛へ進行するリスクを低減することに役立つ可能性がある」と話している。共著者の1人は、「片頭痛と喘息は、血管または気道の平滑筋の炎症・活性化が関与する疾患であるため、喘息関連の炎症は片頭痛の進行につながる可能性がある」と述べている。

http://www.carenet.com/news/general/hdn/41215

関連記事

診療時間のご案内

午前
午後

診察受付時間

平日 午前 9:00~12:30
午後 15:00~20:00
土曜日 午前 8:45~13:30
休診日:日曜日・祝祭日

住所・電話

東京都江東区大島8-39-22
イトーピア東大島マンション131

ろか整骨院電話番号

Google Map

キッズルームのある整骨院 ろか整骨院コラム ご来院中の患者さんへのお知らせ ろか整骨院の名前の由来

facebook

Twitter